イマークSのEPAにはどんな効果があるの?

イマークSにはどんな成分が含まれている?

イマークSには中性脂肪値を下げる効果があるといわれていますが、どんな成分で作られているのでしょうか?

 

まずはイマークSの成分表・原材料を見てみましょう。

 

[成分表]
EPA(エイコサペンタエン酸) 600mg
DHA(ドコサヘキサエン酸) 260mg
熱量 26kcal
タンパク質 0g
脂質 2.6g
炭水化物 0.5g
ナトリウム 65mg

 

[原材料表]
精製魚油(EPA/DHA含有)・乳化剤・酸味料・香料・酸化防止剤・甘味料
※原材料の一部に大豆を含む

 

となっています。
EPA600mgというのは魚のアジ(100g)食べるより多いというのはすごいですね。
その他の成分も最低限の物だけですので、無駄がなく栄養素がしっかり詰まった1本なんですね。
無駄がないからこそ製造年月日から2ヶ月という短い賞味期限でも納得です。

 

EPAってなんだろう?

イマークSでEPAという成分が効き慣れないという方もいるのではないでしょうか。
このEPAというのはイマークSの効果で一番重要な役割を担っています。

 

EPAはエイコサペンタエン酸と呼ばれ主に青魚に多く含まれるn-3系脂肪酸(オメガ3系)です。
オメガ3系は体内で生成することができない必須アミノ酸なので食事やサプリメントなどで摂取しなければなりません。

 

上記に書いたようにEPAを毎日摂取するためには、毎日青魚を食べなければいけません。
しかし、その様なことは難しいですよね。
イマークSであれば1日1本飲めばいいだけなので調理の手間もいらないのでお手軽ですね♪

 

EPAでこんなにうれしい効果が!

EPAは血液サラサラ効果があり、血流を良くし血栓ができるのを防いでくれます。
そのため動脈硬化や心筋梗塞、虚血性心疾患、脳梗塞といった病気を予防してくれます。

 

上記の病気は中性脂肪の数値が高いほど、病気の可能性が高くなりますので積極的にEPAを摂取していきたいですね。

 

また、抗炎症作用や血管年齢も若く保ってくれるので美容にも効果があります。
イマークSを飲み続けた事によって体の調子や肌の調子が良くなったといった口コミもあります。

 

その他にも、疲労の軽減や冷え性・肩こりといった日々の悩みにも効果があるようです。
これは血液サラサラ効果によって血液のめぐりが良くなったおかげです。

 

口コミの効果の中には枕が臭くなくなった!なんて方もいました。
これは、加齢臭のほかに血液の錆びも原因の一つと言われています。
EPAの効果で血液の流れが良くなったんですね。
血液が錆びると血管が詰まってしまうので注意が必要です。

 

血液をサラサラにするだけでも様々な効果があるんですね。
そんな効果があるEPAを摂取できるイマークSをぜひ試してみてください!

 

 

栄養は摂れば良いわけではない

にんにくの中にはたくさんのアミノ酸やポリフェノールなどの、「美容や健康に有効な成分」が含有されているため、補給すると免疫力がぐんとアップします。
「ダイエットをすばやく行いたい」、「できるだけ効率的にフィットネスなどで体脂肪を落としていきたい」、「筋肉量をアップしたい」と望むなら、必須となる成分が体を形作っているアミノ酸になります。
がんばって仕事を続けると体が硬くなってくるので、意識して小休止を設けた上で、ストレッチやマッサージで疲労回復にいそしむことが大切だと考えます。
ルテインと申しますのは、さやいんげんやとうもろこしなどの緑黄色野菜に含まれている栄養分なので食べて補給することもできますが、眼病予防を望むのなら、サプリメントで補充するのが効果的な方法です。
日頃からタバコを吸う人は、タバコをまったく吸わない人よりもこまめにビタミンCを摂らなければいけないのをご存じでしょうか。タバコを吸う人のほとんどが、年がら年中ビタミンが消耗した状態になっているそうです。
便通が悪い時、いきなり便秘薬を活用するのは止めるべきです。どうしてかと言うと、便秘薬の効能によって作為的に排便させてしまうと慢性化してしまう可能性が高いからです。
「食事の量を減らしてエクササイズも実践しているのに、なかなかシェイプアップの効果を実感することができない」とおっしゃるなら、代謝に必要なビタミンが不足しているのかもしれません。
ルテインは強力な抗酸化作用を持ち合わせているため、眼精疲労の改善にうってつけです。眼精疲労で頭を悩ませている方は、ルテインを含んでいるサプリメントを利用するのもひとつの方法です。
10~30代の若い世代に増えているのが、深刻化しているスマホ老眼ですが、世間でも好評のブルーベリーサプリメントは、厄介なスマホ老眼の防止にも高い効き目があることが明確になっております。
合成界面活性剤未使用で、刺激を受ける心配がなくて体にやさしく、髪の毛にも良い効果をもたらすということで支持されているアミノ酸シャンプーは、年齢や性別の垣根を越えておすすめできます。
健康な体づくりや痩身のサポーターとして支持されているのが健康食品ですので、栄養成分を引き比べて100パーセント良品だと思えるものを手に入れることがキーポイントとなります。
ビタミンについては、人間が健康を維持するためになくてはならない成分となっています。それゆえ十分な量を確保できるように、栄養バランスを重要視した食生活を送ることが必要となります。
サプリメントにすれば、ブルーベリーに含有されているアントシアニンをしっかり体内に入れることが可能となります。PCを使ったデスクワークなどで目を長時間酷使する人は、積極的に摂りたいサプリメントと言えます。
レトルト食品ばかり食べるのは、メタボになるのはもちろん、カロリー過多なのに栄養価がわずかなため、いっぱい食べても栄養失調で健康を損なうおそれがあるのです。
仕事での負担や子供のこと、交友関係のトラブルなどでストレスが重なると、頭痛がひんぱんに起こるようになったり、胃酸が過剰に出て胃痛になってしまったり、吐き気を感じることがあったりします。

 

嫌いだからと野菜を摂らなかったり、仕事に追われてインスタント食品が続いたりすると、知らず知らずのうちに体内の栄養の均衡が崩壊し、とうとう体調悪化を招く原因になるとされています。
痩せるためにカロリーを抑制しようと、3度の食事の量を減らしたことが要因で便通改善に役立つ食物繊維などの摂取量も抑制されてしまい、便秘症になってしまう人が増加しています。
世にある健康食品は手早く取り込める反面、長所・短所の両方があるので、よくチェックした上で、今の自分に必要なものを選び取ることが大事です。
人間のスタミナには限度があります。仕事に没入するのはすごいことですが、体に支障を来してしまっては台無しなので、疲労回復を早めるためにもきちんと睡眠時間を取ることをオススメします。
ブルーベリーエキス配合のサプリメントには眼精疲労を防ぐ効果があるとされているので、PC業務などで目を酷使することが予測されるときは、先だって摂り込んでおくことを推奨します。
ダイエットを開始する時に、食事管理のことばかり気にかけている人がたくさんいますが、栄養バランスを考慮して体に入れるようにすれば、手を加えなくても低カロリー食になるため、痩身につながるのです。
ビタミンや色素成分アントシアニンをいっぱい含有し、食べても美味しいブルーベリーは、元来アメリカ先住民の暮らしにおいて、疲労回復や免疫力強化のために食されることが多かった果物と言われています。
10~30代の若い人たちに流行ってきているのが、現代病のひとつであるスマホ老眼ですが、世間でも好評のブルーベリーサプリメントは、このような症状の改善アイテムとしても高い効能があることが確認されています。
マッサージやストレッチ、便秘解消に役立つツボ押しなどを実践することによって、腸を活動的にして便意を生じさせることが、薬を使用するよりも便秘改善策として有用です。
日頃ぱくついている市販のお菓子をやめて、代替として今が食べ頃の果物を味わうようにしたら、常日頃からのビタミン不足を阻止することが可能だと思われます。
我々のボディは20種類に及ぶアミノ酸で作り上げられていますが、そのうち9つの必須アミノ酸は人体で作ることができないことがわかっており、食物から確保しなければいけないので要注意です。
日頃から適量の運動を心掛けたり、野菜をたくさん取り入れた理想的な食事を摂るようにしていれば、糖尿病や高血圧を含む生活習慣病をはねのけることができます。
ずっと健康で人生を楽しみたいと思うなら、何はさておき日々の食生活を再考し、栄養がバランスよく含有されている食材を選ぶように気を配らなければなりません。
全力で作業をすると体が硬直してしまうので、気付いた時にブレークタイムを設けた上で、マッサージで体をほぐして疲労回復に励むことが重要です。
カロテノイドのひとつであるルテインには、日常生活において目を有害なブルーライトから守る効果や活性酸素を撃退する働きがあり、パソコンやスマホを常態的に使っているという方に一押しの成分だと言っていいでしょう。